鎌倉商工会議所の活動や事業、そして古都鎌倉の見どころやイベント等楽しくて役に立ついろいろな情報を皆様にご提供いたします。
鎌倉商工会議所
お問い合わせ
最新情報
商工会議所概要
会員特典・サービス事業
商工振興事業
観光振興事業
活力あるまちづくり支援
中小企業経営支援
鎌倉中小企業景況調査
会員福祉共済
検定情報
貸し会議室のご案内
会員リンクコーナー
観光情報
観光情報リンク集
各種情報
個人情報保護方針
会報
Home > 最新情報
最新情報
経営相談コーナーQ&A
 
Q. 近年話題となっている働き方改革関連法について教えてください。
A  働き方改革関連法とは、社会問題となりつつある長時間労働の是正や非正規労働者と正社員との不合理な格差の改善をテーマとする一連の法改正のことをいいます。労働基準法、パートタイム労働法、労働契約法等が改正されることとなります。
 具体的な対応が求められるものとしては、特別条項により実質青天井であった時間外労働の上限が規制されること、月60時間を超える時間外労働を行った場合の賃金の割増率が中小企業においても25%から50%になること、年次有給休暇のうち年5日の消化が義務付けられることが挙げられます。
 なお、規制が緩和されるものとして、フレックスタイム制の清算期間が最長1ヶ月から3ヶ月に延長されること、高度プロフェッショナル制度により高度専門職(年収1,075万円以上)の労働時間にとらわれない働き方が可能となること、があります。
労働基準法の改正施行日は2019年4月1日となりますが、中小事業主に対する時間外労働の上限の適用(原則として月45時間、年360時間)は2020年4月1日、中小事業主に対する月60時間を超える時間外労働の割増率の猶予措置の廃止(25%→50%)は2023年4月1日となります。
今後は「業務効率化」が一層重要となり、これまでの業務フローや属人化されていた業務をゼロベースから見直す必要があるでしょう。

 
Home ページトップへ
Copyright